チラシの裏

ゲーム創作をメインに様々なネタをとりとめもなく書きつづるニワカブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

たまに

更新しないとブログそのものを消されそうなので更新

去年5羽が巣立ったツバメの巣に今年もツバメがやってきて雛を育てていたのに、巣が突如崩落ツバメは糞の跡を残し消えてしまった。全然関係ないんだがシビアな現実というものを見せられて言葉が出ないというかなんで生きているんだろうとか思うことがある。

ついでにいうとこないだの選挙は維新の会に入れた。もろもろの事情を考えた結果の自分なりの結論だった。いい加減『表現の自由』を盾にしている出版著作表現界とかも掃きだめみたいに見えてきたし、売れりゃなんでもいいみたいなノリでネットバイラル,ステマ,人件費カットの糞まみれな事情も透けて見えて嫌になってきてた。TPPに絡んで言えばマンガ銀の匙でおうしさんがかなり現実的な内容で攻めてきた。幸村誠のマンガヴィンランドサガでも戦まみれの話から奴隷農業そして生きるとはなんなのかとかなり重いテーマを負って話がおもしろくなってきてる。オールラウンダー巡とかも原発ボランティア編とか編集が絶対やめろって言いたそうなテーマで次巻が描かれるときた。まぁ実績実力ある漫画家さんだからってのもあるんだろうけど商業でやりたいこと描くぜ! って漫画家のスタンスはすごいなと思う。

で、まぁ。何を糧に日々を生きるのかというのは現代人の重要な問題であるわけで。こういう漫画家さんがいて、読者がアホ過ぎてマンガが描けん、とかエモヤン風に思うことは無いのだろうか、とか思う。

想像力無くなってきてるものなだんだん。
スポンサーサイト

未分類 | トラックバック:0 |

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。